検索

この辺り(小田急相模原)の近況

来店するお客様にはいろいろな方がいまして、自営業の方はやはり他者の動向が気になるものです。どこに新しいお店がオープンして、どこが店を閉めた、という話は自分も気にしているつもりですが、会話を伴う接客をしている方はお客様からも情報を仕入れるんだと思います。


私の記憶の限り・・

まず、メロンパンやさん、私も手土産に重宝しておりました。現在は常時人が立っている感じではなく、呼び鈴で呼ぶ感じですかね。食パンも始めたようです。


ガパオライスを出しているお店がありました。こちらは閉店されたようです。

同じく、シウマイを提供されていたお店、ここも閉店されたようです。


国立病院通りに、餃子とシウマイをテイクアウトで販売するお店ができました。シウマイは1個100円のようです。


こちら側にあった鶏笑は今閉まってます。


多分皆さんのほうがご存じかもしれません。


この狭い町で、みなさん飲食業をやりたがるんですね。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

店内の気温が37度!13時ごろから17時ごろまで。毎年のことですが私は全然大丈夫です。しかしお客様が不快ですよね。 叉焼を焼いていることを想定しての室内容量と換気力なので非常に強力で冷暖ともにエアコンは全く効かないのです。 ですので、火曜日から調理済みの商品は見本を1つだけケースにおいてあとは冷蔵保管にしてしまいました。並んでいればついで買いもある、とは思いますし、試食した感じでは商品自体の強度も

3月ごろから店舗近隣の人の流れが大きく変わってきていると感じます。期待を含んでコロナ後の生活が始まった頃でしょうか。 店舗の営業成績が昨年に及ばないことから実感を強くします。昨年夏ごろから始めた卸売も徐々に店舗が増えてきました。優良な顧客との取引が少しづつですが増えていくことで、お店の来店客を増やす努力をしながらこちらにも注力していく予定です。 集中すべき、との思いもあるのですが一点集中は正直リス