検索
  • Wataru Ueda

シウマイ日誌

売り上げの日報をつけていますが、そこには来店されたお客様の人数が記入されています。それは時間ごとになっています。


youtubeにアップしようと動画は撮影した見たものの、2日間手を付けられずにいました。加えて弁当の配達も行けてません。来店人数を見ると、10月に比べて日当たり6人程度増えています。それが影響して時間がないのでしょうか?う~ん、何とも言えません。


なぜ叉焼か、と言われれば売り上げのバランスのため、とも言えます。一つ一つ作業を行う必要がないうえ、グラム単位で代金を頂戴できる商品は貢献度が高いな、と考えました。


加えて、いわゆる焼き豚で、しかも炭火で焼き上げる、というお店が偶然あまりないのだ、ということも導入のきっかけになったと思います。


角煮との併売で若干数量が伸び悩みますが、当店の看板商品です。新しくロースもトライしてみようかと思います。


ぜひ、お試しいただきたい商品です。


https://youtu.be/NqbQfZC9R7I


46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko