検索
  • Wataru Ueda

シウマイ日誌

朝、取った動画をアップするのが今になってしまいました。

今日はリズムが乱れて考えられないミスを繰り返してしましました。


あまりないことです。


さて今回は、なぜテイクアウト専門店なのか、にお答えしています。


独立する前、私はあるお店でアルバイトをしました。最初は当然皿洗いです。商品の単価はそれほど高くないお店でした。ホールに女性が2から3人、キッチンに社員が2人、皿洗い、雑用で私で合計6人以上はいたと思います。ピーク時の皿の枚数はかなりありました。必死で片づけましたが、私は一円も利益を生んでいないと思いました。ホールで配膳と片づけをする女性も直接利益を生むことは少ないと思います。


それがきっかけとなって、一人でやるなら、これはやめよう、洗い物はなしにしよう、と決めました。さらに言えば、食器の管理、保管場所、買い替えのコスト、割れてしまうのならそのリスク、いろいろと付随してくるものがあります。ならば、テイクアウトで着席と同じだけの客単価をいただけるように、なんとか知恵を絞ろう、と考えたのが、きっかけです。



本日の動画

https://youtu.be/_WHy8BDRZSE


50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko