検索
  • Wataru Ueda

シュウマイ日誌

本日のなぜに答える、はなぜ小田急相模原なのか?でした。


私は海老名に住んでいますが、さすがに海老名は高すぎでダメでした。家賃です。


通勤時間は一切お金を生みませんから、なるべく近いところがいいですね。自分一人で当初売れる金額というのは限りがありますから、いくら近くても固定費の限度があります。また、自分のやりたい商売というのはひとつひとつ手作りするものだったので、地域密着で多くのお客様の目に触れるところでないとだめです。


自分の店だけで集客できるとも考えていませんでしたので、他店に人を集めてもらって、そのおこぼれをいただくコバンザメ戦略をとりたい。それがすべてかなう場所が、ここだった、ということです。


まず、最寄り駅の店舗側の出口からバスが出ていないこと。お客様は徒歩で移動することになります。次に、目の前に歴史のあるイトーヨーカドーがあります。もう40年以上前から営業しており、地域になくてはならない存在です。また、並びには相模原ベストストアにも選ばれたラーメンの繁盛店、SAGMIHARA欅さんもあります。


平日と休日の二日間の流量調査を自前で行って、ここに決めたわけです。


https://youtu.be/4XkIFzQ6Ln4



64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko