検索
  • Wataru Ueda

シュウマイ日誌

角煮を週末お出しするのに、仕込み始めるのは月曜日、もしくは火曜日です。

塩と砂糖を振って寝かせるのです。


さぁ、作り始めるかというのは金曜日ですが、熟成が進んで生ハムのような鮮やかでやや透明な色合いになっています。


4時間で煮あがるのですが、ここで口にしてみると塩豚です。そこからぬるま湯で塩と中の肉汁を抜いてしまいます。


・・・とこんな感じですが


今まではそのゆで汁を捨てていました。昨日、それに生姜とねぎの青いところを加えてみたら、手作り風ですがなかなかのスープになりました。


暑い日々が終わり、涼しくなったら、麦茶の変わりにこれをお出ししてみようか、と考えた、というお話です。



本日の動画です

https://youtu.be/sKnJNb45dvo


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko