検索

創業への想いー6

自分は、こういうものが得意、ということに気づき始めるのはいつごろのことなのでしょうか?


私は意外に早かったように思います。中学校の時にはもうすでに自分は理数系にはまったく向いていないし興味もない、ということがテストの結果からよくわかりました。


高校へ入学すると部活動中心の毎日になります。その中でも音楽は地道に続けていました。


ここでほぼ2つに絞られた感じでしたが、もちろん将来、何をして生きていくか、生きていけるかということとはまったく関係のないレベルの話でしたが。


しかしながら一日5時間あまり、それを3年間ほぼ休まず、となると3年間で5400時間になります。


10万時間の法則、といものを聞いたことがあります。それだけの時間を費やすとある程度のものになると。たいてい10年くらいかかるものですね。野球については小学校時代からかなりの時間をかけていましたから、もしかしたらそれに近い時間を投入したかもしれません。


これからの商売も10年やって、さらに上のステージへ、向かって生きたいです。


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

店内の気温が37度!13時ごろから17時ごろまで。毎年のことですが私は全然大丈夫です。しかしお客様が不快ですよね。 叉焼を焼いていることを想定しての室内容量と換気力なので非常に強力で冷暖ともにエアコンは全く効かないのです。 ですので、火曜日から調理済みの商品は見本を1つだけケースにおいてあとは冷蔵保管にしてしまいました。並んでいればついで買いもある、とは思いますし、試食した感じでは商品自体の強度も

3月ごろから店舗近隣の人の流れが大きく変わってきていると感じます。期待を含んでコロナ後の生活が始まった頃でしょうか。 店舗の営業成績が昨年に及ばないことから実感を強くします。昨年夏ごろから始めた卸売も徐々に店舗が増えてきました。優良な顧客との取引が少しづつですが増えていくことで、お店の来店客を増やす努力をしながらこちらにも注力していく予定です。 集中すべき、との思いもあるのですが一点集中は正直リス