検索
  • Wataru Ueda

創業への想いー6

自分は、こういうものが得意、ということに気づき始めるのはいつごろのことなのでしょうか?


私は意外に早かったように思います。中学校の時にはもうすでに自分は理数系にはまったく向いていないし興味もない、ということがテストの結果からよくわかりました。


高校へ入学すると部活動中心の毎日になります。その中でも音楽は地道に続けていました。


ここでほぼ2つに絞られた感じでしたが、もちろん将来、何をして生きていくか、生きていけるかということとはまったく関係のないレベルの話でしたが。


しかしながら一日5時間あまり、それを3年間ほぼ休まず、となると3年間で5400時間になります。


10万時間の法則、といものを聞いたことがあります。それだけの時間を費やすとある程度のものになると。たいてい10年くらいかかるものですね。野球については小学校時代からかなりの時間をかけていましたから、もしかしたらそれに近い時間を投入したかもしれません。


これからの商売も10年やって、さらに上のステージへ、向かって生きたいです。


37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

迷走しております 個人的な利用を振り返ってみても、私は人のブログなど読んだことがありませんが、時折参考にさせていただいているブログはいくつかあります。 すなわち、人の日記には興味がなく、そこに記されている内容が役立つから見ているわけです。 そんなブログを書かなくては誰も読まないと思います。 反省 そして沈思・・・・

シュウマイ日誌

暇な日ほど帰りが遅い これ如何に? いくら時間があっても店では考え事は出来ない。効率よく仕事をして早く帰って早く寝て、翌朝は約二時間をまとめて作るのが正解。 昨日は新商品研究のため新橋と蒲田へ。 ビーフン東さんでは、蟹玉ビーフンとバーツァンを。 あっさりとしたビーフンとしっかりとした味付のバーツァンの組み合わせはおいしいが、自分も食が細くなり、量がちと多い。 色々研究して食べなければならないのに、