検索
  • Wataru Ueda

日々、雑記

おはようございます。


季節の変わり目ですね。暖かかったり、急に寒かったり。この気温の変動が、今の季節らしいのかどうかも、正直言って分かりません。秋はいつ終わり、冬はいつから始まるものだったのか。


でも、もう12月ですね。なら、冬でもおかしくはないんでしょう。


商売的には年末にピークをもってくる内容だと思います。人を迎えたり、出向いたりするときのお供に、携えて頂きたい、そんな名物を作りたい、と思って日々商品を作っています。


今週に入って、すこしづつ、地方発送のご依頼をいただくようになりました。店頭に飾ってある白、ピンク、オレンジのピンポン玉と毛糸の束の見本が効いているのでしょうか(笑)


地域では、新しいお店がちらほら開店していますね。間近で同じ品物を扱われるわけではないので、来店されるお客様が減るか、とはまったく思っていません。のんきなのか、危機感がないのか・・・しかし、そうしたニュースに触れた機会に自分のお店の強みを何にしたいのか、シウマイをつくりながら考えをめぐらすことにはなりました。


そのこたえは、接客でした。


おいでになるお客様それぞれにあわせて、心地よいだろうと思われる接客を貪欲に試したいと思います。


”あそこのお店、味はまぁまぁだけど、接客が良いよね!”というところを目指したいと思っていました。


商品についてです。


叉焼につかう、砂糖をほんの一時期三温糖に変えてみましたが、甘みがダイレクトすぎでダメですね。


肉団子を鶏モモ肉のみで作ってみましたが、いまいち。照り焼や唐揚げに向いているモモ肉ですが、合いません。おそらく年明けのタイミングで全量ムネ肉に切り替えます。(実はテスト済み 気づいた方がおいでになるからすごい!)それにより国産化できます。


シウマイの配合から水を抜いてみました。玉葱の水分が枯れてきたタイミングでもあり、生地が硬く、高さが出るようになりました。見た目も良いし、作業性も上がりました。


肉団子の甘酢に片栗粉で粘度を付けてみました。少量つくり置きする品物の見栄えがよくなるのと、口の中での滞留時間が伸びるので、味わいがかなり変わるはずです。ただ、甘酢は今までの倍量ほど消費することになりますね。


最後にお知らせです。12月からお弁当類を値上げさせて頂きます。理由は・・・お客様が”安すぎる”と仰るから(笑)その分、価値観を感じて頂けるような商品作りを常に目指したいと思います。


これからも変わらぬご愛顧を心よりお願い申し上げます。



70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko