検索

日々 雑記

こんばんわ


年が明け、今日まで休まず営業してしまいました。前日から天気が良いことが分かっていたので、早朝に起きてやることを済ませ、外に出るつもりでいました。


当店においでになるお客様から良くお名前を伺うお店(ラーメン店)に行ってみよう、私がシウマイのお店を始めるにあたっていろいろと参考にさせていただいた中野にあるお店を改めて見に行こう、と思っていました。


外に出よう!ということですね。


私が折に触れて読んでいるドラッガーの経営者の条件に出てきます。時間は限られている。また、その時間の多くは過去の決定に縛られている。それらは定期的に廃棄されるべきで、それによって作り出した時間を使って、唯一、成果を上げるのに必要な刺激のある外の世界に触れるべきだと。


ラーメンは家系のお店でした。思えば30年前、六角橋にあった名店にはじめて友達に連れて行ってもらったときの衝撃は忘れられません。私のラーメンの原点は、ここと、東池袋です。それから長い時間が流れ、ラーメンは競争の激しい栄枯盛衰の世界です。新たに生まれた家系のアップデートされた姿に触れることが出来ました。


塩のあたりが強く、スープが濃い。麺は硬め、叉焼は味わいの異なる二枚。ここに競争の激しい業界を生き抜く形が見えた気がしました。


中野の点心のお店では、普通のシウマイと海老シウマイをイートインしました。その後、担当したお店のある吉祥寺の駅ビル、アトレのPAOPAOでも海老シウマイを見ました。当店の海老シウマイの値段、ずいぶん思い切って決めたなぁ、と苦笑してしまいました。


周りを良く見ることと、自分の思うところを貫くバランスはとても微妙なものと感じられました。



閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示

店内の気温が37度!13時ごろから17時ごろまで。毎年のことですが私は全然大丈夫です。しかしお客様が不快ですよね。 叉焼を焼いていることを想定しての室内容量と換気力なので非常に強力で冷暖ともにエアコンは全く効かないのです。 ですので、火曜日から調理済みの商品は見本を1つだけケースにおいてあとは冷蔵保管にしてしまいました。並んでいればついで買いもある、とは思いますし、試食した感じでは商品自体の強度も

3月ごろから店舗近隣の人の流れが大きく変わってきていると感じます。期待を含んでコロナ後の生活が始まった頃でしょうか。 店舗の営業成績が昨年に及ばないことから実感を強くします。昨年夏ごろから始めた卸売も徐々に店舗が増えてきました。優良な顧客との取引が少しづつですが増えていくことで、お店の来店客を増やす努力をしながらこちらにも注力していく予定です。 集中すべき、との思いもあるのですが一点集中は正直リス