検索

日々 雑記

1月も、もう終わりになりますね。

ついこの間、年末の仕事を終え、子供たちと帰省から帰ってきたような気がします。ほんとうに、時間の経つのは早いものだと感じることもあれば、日々お店に立っていると一日一日が積み重なっていくのは長いものだと、感じることもあります。


1月は2月とともに飲食店にとっては厳しい時期です。時期のようです、という話を実感しました。


過去と他人は変える事が出来ない。変えられるのは自分だけ。


という話を以前受講した、HACCAP講習会の講師の方が仰っていたのを常に心に刻んでいます。


過去のことは言わない

出来ないと言わない

定量的に話す

すぐやる


これらの言葉もいただきました。


会社を辞めて一人になってこの言葉と行動を一体化させる必要性をひしひしと感じます。知行合一の精神です。


今は、過去の結果ですから、すぐにはどうにもならないことです。今すぐできるのは自分で出来ることです。切れ目なく、その行動が続いていないとダメなんですね。


一瞬の油断も許されないと感じます。


小さなことでも、始めようと思っています。それにどんな効果があるのか、どんな結果を招くことになるのか、ひとりになると堂々巡りに考えてしまいます。いけない、いけない。


魅力的なサービス提供し続ける。それを多くの人に知ってもらう。


この二つを絶え間なく、バランスよく続けよう。と思います。



閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

普段店にいるときは食事らしい食事はしませんので外で食事をする機会は非常に貴重です。何を食べるか、も同じように重要ですがやはり中華料理、ラーメンを含む、がほとんどです。 いいものを食べたな、という食後感を気にしています。先日頂いた先もとても良い食後感を味わうことができました。テクスチャー、というか舌触りというかすっきりしていて重みがある、のバランスをうまくとっている先でした。 小田急相模原、当店から