検索
  • Wataru Ueda

日々 雑記

1月も、もう終わりになりますね。

ついこの間、年末の仕事を終え、子供たちと帰省から帰ってきたような気がします。ほんとうに、時間の経つのは早いものだと感じることもあれば、日々お店に立っていると一日一日が積み重なっていくのは長いものだと、感じることもあります。


1月は2月とともに飲食店にとっては厳しい時期です。時期のようです、という話を実感しました。


過去と他人は変える事が出来ない。変えられるのは自分だけ。


という話を以前受講した、HACCAP講習会の講師の方が仰っていたのを常に心に刻んでいます。


過去のことは言わない

出来ないと言わない

定量的に話す

すぐやる


これらの言葉もいただきました。


会社を辞めて一人になってこの言葉と行動を一体化させる必要性をひしひしと感じます。知行合一の精神です。


今は、過去の結果ですから、すぐにはどうにもならないことです。今すぐできるのは自分で出来ることです。切れ目なく、その行動が続いていないとダメなんですね。


一瞬の油断も許されないと感じます。


小さなことでも、始めようと思っています。それにどんな効果があるのか、どんな結果を招くことになるのか、ひとりになると堂々巡りに考えてしまいます。いけない、いけない。


魅力的なサービス提供し続ける。それを多くの人に知ってもらう。


この二つを絶え間なく、バランスよく続けよう。と思います。



62回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko