検索

日々 雑記

おはようございます。


今日はお客様のことを


開店当初から、ほぼ毎日来店されて、何かしら購入していただいているお客様のことです。


すこしずつ信頼をはぐくみ、関係を構築してきたと思います。当店に対する要望、希望をアンケートとしてお客様からいただく機会がありますが、このお客様は毎日ご来店いただきますのでそのたび、いろいろなお話から沢山の学びや気づきを頂戴しているのだな、と実感した出来事です。


先週、豚の角煮を試作しました。外国産ですが皮付きの豚肉を購入して、無化学調味料、圧力鍋を使用せずに。


仕上がりまで3日をかけ、何名かのお客様にご試食いただきました。味付け、食感、匂い、色などをヒアリングしながら自分の中にある修正のポイントとすり合わせていきます。


実を言えば、不遜な話、お客様からお話をいただく時点で自分の中ではすでに修正すべきポイントは見えています。その内容が正しいか、漏れがないかを確認させて頂いているのです。


私は甘く出来ている人間なので、気づきながら気づかないふりや、詰め切れないポイントを諦めたりすることが多々あります。そのときは”柔らかさ”でした。


豚ばら肉の赤身の層はカット面に対して平行に繊維が走っているので縦に箸で割ることは難しい、ましてや圧力鍋を使用せず、3日もかけているのだから、縦に入らずとも横にほぐすことが出来れば上出来だろう、と考えてしまったのです。実際このお客様以外にご試食いただいたほかのお客様からの感想は”いつ商品化するの?”でした。


しかしながら、私自身はやはり縦に箸が入らなければならない、でないと脂身と赤身を別々に味わうことになる、と分かっていました。しかしながら、それを実現するにはおそらく圧力鍋を使用しなければならないだろう。その使用に何かデメリットがあるわけではないかもしれないが、お客様にとって何のメリットもない自分自身のこだわりが、仕上がりのクオリティを制限していたのです。


そのポイントをしっかりと指摘して、”もっと柔らかく上げたほうがいいよ”と仰って頂きました。


他にも、あります。また次の機会に書こうと思います。


敬意と、感謝をこめて。


写真は牛すじのトマト煮です。これは、美味しいといって頂きましたが(笑)



閲覧数:133回0件のコメント

最新記事

すべて表示

店内の気温が37度!13時ごろから17時ごろまで。毎年のことですが私は全然大丈夫です。しかしお客様が不快ですよね。 叉焼を焼いていることを想定しての室内容量と換気力なので非常に強力で冷暖ともにエアコンは全く効かないのです。 ですので、火曜日から調理済みの商品は見本を1つだけケースにおいてあとは冷蔵保管にしてしまいました。並んでいればついで買いもある、とは思いますし、試食した感じでは商品自体の強度も

3月ごろから店舗近隣の人の流れが大きく変わってきていると感じます。期待を含んでコロナ後の生活が始まった頃でしょうか。 店舗の営業成績が昨年に及ばないことから実感を強くします。昨年夏ごろから始めた卸売も徐々に店舗が増えてきました。優良な顧客との取引が少しづつですが増えていくことで、お店の来店客を増やす努力をしながらこちらにも注力していく予定です。 集中すべき、との思いもあるのですが一点集中は正直リス