検索
  • Wataru Ueda

日々 雑記

こんにちは。


一時的なのでしょうか?急に涼しくなりました。また、明日から30度をこす日が何日か続くようですが、製造にはとてもやさしいですね。


湿度も50%を切る日が何日かあり、確実に月日が廻っているのがよくわかります。


4月11日に開店してから、もう4ヶ月以上経っているのですね。


数字を見ていると、一番厳しかったのは8月第一週だったようです。何しろお客様の人数が確実に減ります。いろいろな開業セミナーに参加しましたが、こうした季節による客数の変動のことは実際に開店してから出ないと、まったく分かりませんでした。


今でも人づてにセミナーのご案内などいただきますが、販促や集客のことばかりで、こうした実際のお店に肉薄した内容を聞くことは出来ないのではないでしょうか?まぁ、こうしたことは自分で学べ、ということでしょう。


先日、知り合いのまた知り合いから海老シウマイをリクエストされまして、20個ほど製造してすべてお買上いただきました。続いて、常連のお客様との雑談のなかからチーズシウマイを2種、試作できました。


作り手の私は作業性のことが頭から離れず、シュレッドチーズをミキシングする、というイメージだったのですが、”おにぎりのようにして欲しい”という要望から角柱に切り出して、シウマイの真ん中に立ててみました。子供向けにはコーンを生地にたっぷり使い、大人向けにはホールのブラックペッパーをそのまま加え、歯で弾け、辛味と香りの広がるのを味わって頂こうと思います。


こうした試作は最初、あまり原価のことは気にせず、行います。気に入った味やイメージが方向性だけでも決まれば、原価を計算していきます。取っ掛かりの段階では制限ははずして考えないと小さくまとまってしまうのでしょうね。


真ん中からチーズが溶け出て、見た目結構いいです。味わいはコーンはしゃきっと、ブラックペッパーはパチッとはじけて、大人な味わいです。


価格設定や販売の提案など考えていこうと思います。




89回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko