検索
  • Wataru Ueda

起業への想いー3

今年の1月、前職から飛び立とう、と思い切る矢先、コンビニで堀江貴文さんの本を見つけました。昔、稼ぐが勝ちという本を書いて、時代の寵児となり、やがてバッシングを受け、実刑を受けて服役までされた方です。


私は好きでした。本質だけを追いかけて、とても合理的なところが。


今年見つけたのは、”後悔しない生き方”という本でした。48歳にもなって、後悔も何も・・・その昔は40は不惑といわれていましたが、それは人生が50年程度だったころの話では?今の実感として、この先はとても長いです。ましてや後悔し続けて生きることなど。


そのごく始めのほうに、”「熱中」ほど大切なものはない”とあります。


ちょっと抜粋、引用させていただきます。


"僕は、「熱中」ほど大切なものは無いと考えている。なぜなら、なにかに熱中した体験こそがその人の自信になっていくからだ。

 なにかに熱中すると、苦労や面倒を感じることも無く自分でどんどん工夫する。そして、自分の力で成長していける思考のクセがついいていくことになる。こうしたよい思考が身につくと、他の課題にぶつかったときも、試行錯誤しながら自力で乗り越えていけるようになる。この力が生きるうえでは何より大切で~”


”もちろん勉強が好きなら勉強に熱中してもいい。要は、侵食を忘れるほど熱中することにとてつもない価値があるということだ。”


私は幼少期の熱中しやすい性格のまま、その対象にめぐり合い、納得のいくまで深めていくのだろう。


48回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko