検索
  • Wataru Ueda

起業への想いー4

タイトルは起業への想いとなっていますが、どちらかというとストーリーのようです。


ごく幼いころから熱中する対象を見つけやすい性格。また、それがものづくりに関することでした。今現在、たとえば半田ごてやナイフ、ヤスリを使った工作についてはとても面倒でやる気にはまったくなりませんが、小学校当時は竹とんぼを作るのにナイフを使い、半田ごては壊れやすいプラモデルの金属とプラスチックをなんとか強力に結合できないかの悪戦苦闘に使用し、ヤスリは表面仕上げに良く使っていました。


そうした実際にモノに向き合って作り上げていくことと同時に、野球少年だった私。しかし投げることにしか興味がありませんでした。ピッチャーになりたい、と思ったのでしょうが、実際はコントロール自在にボールを投げることに夢中になっていたのです。少年野球の場合はホームベースからマウンドまでの距離は16.04mだったと思いますが、それだけ離れた先の伽茶ーミット程度の大きさのブロックに向かって、ひたすら壁当てをしていました。


どちらも熱中なのですがどこか違う。からだの使い方と、道具の使い方、なのでしょうか?


どちらも親があきれるほどの熱心さで、しかも数年の間、熱中し続けることになりました。




35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko