検索
  • Wataru Ueda

起業への想いー4

タイトルは起業への想いとなっていますが、どちらかというとストーリーのようです。


ごく幼いころから熱中する対象を見つけやすい性格。また、それがものづくりに関することでした。今現在、たとえば半田ごてやナイフ、ヤスリを使った工作についてはとても面倒でやる気にはまったくなりませんが、小学校当時は竹とんぼを作るのにナイフを使い、半田ごては壊れやすいプラモデルの金属とプラスチックをなんとか強力に結合できないかの悪戦苦闘に使用し、ヤスリは表面仕上げに良く使っていました。


そうした実際にモノに向き合って作り上げていくことと同時に、野球少年だった私。しかし投げることにしか興味がありませんでした。ピッチャーになりたい、と思ったのでしょうが、実際はコントロール自在にボールを投げることに夢中になっていたのです。少年野球の場合はホームベースからマウンドまでの距離は16.04mだったと思いますが、それだけ離れた先の伽茶ーミット程度の大きさのブロックに向かって、ひたすら壁当てをしていました。


どちらも熱中なのですがどこか違う。からだの使い方と、道具の使い方、なのでしょうか?


どちらも親があきれるほどの熱心さで、しかも数年の間、熱中し続けることになりました。




35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

迷走しております 個人的な利用を振り返ってみても、私は人のブログなど読んだことがありませんが、時折参考にさせていただいているブログはいくつかあります。 すなわち、人の日記には興味がなく、そこに記されている内容が役立つから見ているわけです。 そんなブログを書かなくては誰も読まないと思います。 反省 そして沈思・・・・

シュウマイ日誌

暇な日ほど帰りが遅い これ如何に? いくら時間があっても店では考え事は出来ない。効率よく仕事をして早く帰って早く寝て、翌朝は約二時間をまとめて作るのが正解。 昨日は新商品研究のため新橋と蒲田へ。 ビーフン東さんでは、蟹玉ビーフンとバーツァンを。 あっさりとしたビーフンとしっかりとした味付のバーツァンの組み合わせはおいしいが、自分も食が細くなり、量がちと多い。 色々研究して食べなければならないのに、