検索

起業への想い-2

 しばらく、このタイトルで綴っていきます。ほとんど自分のために書いているようなものです。起業を思い立ち、セミナーに参加したり、書籍を読んだりすると必ず自分のたな卸しをせよ、ということになります。


 もっとも古い記憶で、自分が熱中したものは自動車の絵を描くことでした。もちろんメーカー、車種、グレードも覚えました。母親にねだって自動車ガイドブックという今の通販雑誌みたいな大きくて重い、カタログを買ってもらい、学校に持っていっていました。


 しかし、なぜそんなことを始めたのでしょう。思えば知的障害のある叔父の影響でした。体が不自由な上、障害のある叔父は散歩に出るときに必ずカメラを持ち、自動車の写真を撮影して、山のようにアルバムにファイルしていました。書きながら思い出しましたが、彼はタクシーが好きだったようで、当時の日産のセドリックやグロリア230系の姿が記憶にあります。

 

 私がいまだにセドリックやグロリア(今はもうありません)、クラウンがすきなのは彼の影響を受けた幼いころから始まっていたのですね。


 誰かに影響を受け、それを更に深めていく。そう考えれば、たくさん感謝しなければいけない人がいますね。



閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

店内の気温が37度!13時ごろから17時ごろまで。毎年のことですが私は全然大丈夫です。しかしお客様が不快ですよね。 叉焼を焼いていることを想定しての室内容量と換気力なので非常に強力で冷暖ともにエアコンは全く効かないのです。 ですので、火曜日から調理済みの商品は見本を1つだけケースにおいてあとは冷蔵保管にしてしまいました。並んでいればついで買いもある、とは思いますし、試食した感じでは商品自体の強度も

3月ごろから店舗近隣の人の流れが大きく変わってきていると感じます。期待を含んでコロナ後の生活が始まった頃でしょうか。 店舗の営業成績が昨年に及ばないことから実感を強くします。昨年夏ごろから始めた卸売も徐々に店舗が増えてきました。優良な顧客との取引が少しづつですが増えていくことで、お店の来店客を増やす努力をしながらこちらにも注力していく予定です。 集中すべき、との思いもあるのですが一点集中は正直リス