top of page
検索

2023年10月後記

客数108%、売り上げ94%

6月より始めたポスティングの地域ローテーションが6ブロックすべて終了。目的であった客数の回復は7月より10月まですべて前年を超えており、地元密着集客の手法の確立完了。


客単価の前年割れは物価上昇の影響、伴って不安感、節約志向から仕方ない。お弁当の大盛り、看板商品であるシウマイ、叉焼のオススメの声掛けを地道に行う。併せて表看板の変更を早急に行う。客数の目標は当面日当たり25日計算で2.6人とする。


11月から12月にかけ、年末の叉焼の予約チラシを相模が丘4~6、相南1および4にポスティングする。店頭ではすでに配布開始。12月の店売り予算は昨年対比102.6%であるが、卸売りを早めに片づけてハイチャレンジを心掛ける。


10月良かったこと

予算を信じてしっかり商品を用意したこと

お弁当の価格がストライクゾーンにはまっていることを確信。

初回訪問客、併せ買い対象としておかずシウマイが用意できていること

肉団子、海老シウマイなどのわき役を無理して特売せず、叉焼の特売を2回行ったこと

叉焼の仕上げのパターンがわかりかけてきた


10月反省点

レジでの声がけの内容を決めていない → 年末予約、叉焼のタレ、地方発送

お弁当の最後の品切れをゼロにできなかった → 炊けばいいだけ

叉焼の品ぞろえが偏る日があった。 → 在庫に余裕を持つ


11月営業日数 25日

目標客数121% 売り上げ112%





明日から11月です。


閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示

暑くなってきました

店内の気温が37度!13時ごろから17時ごろまで。毎年のことですが私は全然大丈夫です。しかしお客様が不快ですよね。 叉焼を焼いていることを想定しての室内容量と換気力なので非常に強力で冷暖ともにエアコンは全く効かないのです。 ですので、火曜日から調理済みの商品は見本を1つだけケースにおいてあとは冷蔵保管にしてしまいました。並んでいればついで買いもある、とは思いますし、試食した感じでは商品自体の強度も

近況

3月ごろから店舗近隣の人の流れが大きく変わってきていると感じます。期待を含んでコロナ後の生活が始まった頃でしょうか。 店舗の営業成績が昨年に及ばないことから実感を強くします。昨年夏ごろから始めた卸売も徐々に店舗が増えてきました。優良な顧客との取引が少しづつですが増えていくことで、お店の来店客を増やす努力をしながらこちらにも注力していく予定です。 集中すべき、との思いもあるのですが一点集中は正直リス

Comments


bottom of page