検索
  • Wataru Ueda

焼売日誌

ブログの中では、一人でやることの限界について何度も言及されていると思いますが、本日の動画の答えもそれに基づいたものです。


なぜ、シウマイと餃子ではなく、肉団子なのか


それはその二つは使用する原材料と工程が似通っているにもかかわらず、最終の調理が異なるため全く違う味わいを実現できるから、でした。


意外に見過ごすだろうな、と思うのは手作りの食品を販売して生計を立てようと思うと、私の場合、選ん商品がシウマイだったため、マーケットの大きさや喫食頻度を考えるとひと月の売上金額というのはおおよそ決まってくると考えていました。(あくまで店頭売りだけの場合)したがって、支出できる固定費の割合から店舗物件の賃料上限が決まります。


売り上げとのバランスをとっていくと、それほどバックヤードスペースに余裕のある物件には探し至らないだろうと予測しました。全く食材のかぶらない品物を販売しようと考えるとそれだけ食材の保管スペースを確保しなければなりません。そうしたばあい、発注先や管理温度が同様に全く異なる、ということも考えられます。効率化を図りながら、キャラクターの違う商品を作り、柱とサブとして成立可能な品ぞろえは何か?と考えたうえでのチョイス、組合わせといのが、丁寧な答えになります。


https://youtu.be/8I9dCWIlQVE



66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko