検索

焼売日誌

ブログの中では、一人でやることの限界について何度も言及されていると思いますが、本日の動画の答えもそれに基づいたものです。


なぜ、シウマイと餃子ではなく、肉団子なのか


それはその二つは使用する原材料と工程が似通っているにもかかわらず、最終の調理が異なるため全く違う味わいを実現できるから、でした。


意外に見過ごすだろうな、と思うのは手作りの食品を販売して生計を立てようと思うと、私の場合、選ん商品がシウマイだったため、マーケットの大きさや喫食頻度を考えるとひと月の売上金額というのはおおよそ決まってくると考えていました。(あくまで店頭売りだけの場合)したがって、支出できる固定費の割合から店舗物件の賃料上限が決まります。


売り上げとのバランスをとっていくと、それほどバックヤードスペースに余裕のある物件には探し至らないだろうと予測しました。全く食材のかぶらない品物を販売しようと考えるとそれだけ食材の保管スペースを確保しなければなりません。そうしたばあい、発注先や管理温度が同様に全く異なる、ということも考えられます。効率化を図りながら、キャラクターの違う商品を作り、柱とサブとして成立可能な品ぞろえは何か?と考えたうえでのチョイス、組合わせといのが、丁寧な答えになります。


https://youtu.be/8I9dCWIlQVE



閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示

普段店にいるときは食事らしい食事はしませんので外で食事をする機会は非常に貴重です。何を食べるか、も同じように重要ですがやはり中華料理、ラーメンを含む、がほとんどです。 いいものを食べたな、という食後感を気にしています。先日頂いた先もとても良い食後感を味わうことができました。テクスチャー、というか舌触りというかすっきりしていて重みがある、のバランスをうまくとっている先でした。 小田急相模原、当店から