検索
  • Wataru Ueda

シュウマイ日誌

気温の変動と天候不順で、厳しい毎日です。昨日も書きましたね。


当店の品物はせっかく配送が利くので地元のお客様を大切にしながらどんどん表に出ないとだめですね。その手始めがイオン相模原店さんであり、相武台駅前のポカラさん、海老名のMata curryさんですね。


先日の守成クラブも、モノづくり(食品)の方は私と、紹介いただいたポカラの服部さんのほか、2~3名で食品を製造して販売することの難しさを感じます。時間が取れないと思います。私はこのまま飲食業で終わるつもりはありませんので、時間とお金を使って今から準備すべきだと思って参加しています。すぐに卸売りができそうな先様とは知り合えませんでしたが、皆さん個々人でみれば、全員が見込み客です。そう思ってハガキを書きました。


ハガキを書く人は1%もいない、とランチェスターの本で読んだことがあります。50名近く参加者がおりましたが、やはりハガキは一枚も届きません。あっていると思います。メールでのやりとりも全くないので、ちょっと商売の感覚が違うのかもしれませんが、こちらは低単価で独立したての絶対弱者であることを認識して、コツコツやっていこうかと面ます。


Uber eatsのセットが届きました。明日セットアップして始めてみようと思います。



54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

シュウマイ日誌

びっくりするほど間が空いてしまいました。 夏の疲れが出たのでしょうか?イオンへのお弁当の配達も11月は3回しか行けませんでした。寒いのが苦手で冬になると活性が落ちてしまうようです。 お弁当の配達の減少は、販売個数の減少です。客観的に見て、売り場で自分の商品が弁当や仕出しを本業とする他店様の商品に比べて魅力がありません。彩りやおかずの種類、盛り付けなどなど。これを改善する意欲が、湧きません。もともと

シウマイ日誌

私のシウマイのルーツについて動画で話してみました。 きっかけは母親のシウマイです。帰省した際にレンジでパッと作られました。その時に”シウマイというものは家でも作れるものなのだ”という意識に切り替わりました。 ここが切り替わらない人はたくさんいると思いますね。 商品づくりのルーツは大阪蓬莱551さんのシウマイです。大きさ、甘さなどなど。 これについては、そのことをオープンにする前に、蓬莱のシウマイが

​小田急相模原駅より徒歩5分 赤い看板とクラシック音楽
無添加・手作り焼売と炭火焼チャーシュー シウマイのタチバナ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

神奈川県相模原市南区相南4-1-30

umaisiomai@gmail.com

Tel: 042-851-5314

​© 2019  シウマイのタチバナ. Proudly created with Wix.com. All photos by Scrapy Keiko